2eedd675.jpg


Twitterより



 2020年5月19日、ソニーの経営方針説明会がオンラインで行われ、プレイステーション Plus会員数が4150万人、プレイステーション Nowの会員数が220万人を突破したことなどが発表された。

 2020年の年末商戦機に発売予定のプレイステーション5では「解像度の向上に加えて、スピードを進化させる」とし、SSDカスタム設計などでプレイステーション4に比べ100倍の読み込み速度を誇るといった、PS5の性能を紹介。

 さらに、新しい五感に訴えかけるコントローラー“デュアルセンス”を紹介。泥道を走るハンドルのような感覚が伝わるハプティック技術や弓を引き絞る感覚を体験できるアダプティブトリガー機能について触れた。

 さらに、音の進化面では、多様な3Dオーディオ処理専用の表現が可能になり、音が自分の周りを動き回るような感覚を味わえると説明。

 これらのスピード、触感、音が一体となってゲーム体験をさらに高め、「次世代機の名にふさわしいこれまでできなかったゲーム体験を提供する」と述べた。

 また、ソフトについては「ファーストパーティ、サードパーティともに準備が進んでおり近々紹介する予定」があるとのことだ。

近々祭りの予感。